華さん食堂

嶋田病院の近くを車で走っていると“モーツァルトの流れる元気の出る食堂”と、クラシック好きの私のハートをかなり鷲掴みにする看板を見かけます。

その名も“華さん食堂”

福岡に来てからラーメンやうどんにはまってしまい、いわゆる大衆食堂には行っておりませんでしたが、この前、ようやく足を踏み入れてみました。

おお、確かにモーツァルトが流れています。

毎日の野菜摂取量を気にするため、“野菜炒め定食”をチョイスしました。

平日の20時ころでしたがお客さんもぼちぼちいました。

よくよく見ると1人で来ている中年男ばかり。そう、ここは孤独な男たちが集まってくる食堂なのです。

黙々と食べるお客さんばかりで余計なおしゃべりがないためか、静かな空間にモーツァルトが耳に心地よく響きます。

う、これはオーボエ協奏曲、うーん、これはフルートとハープのための協奏曲、この室内楽は何だ?

と、ひとりブツブツ言いながら食事をしていました。

なぜ、華さん食堂でモーツァルトなのか?

華さん食堂の経営母体である株式会社 華三楽(はなさんらく) 代表取締役社長 藤原 幹大(ふじわら・みきお)さんによると、モーツァルトを聴きながら美味しいものを食べ「元気になってもらおう」という、 コンセプトだそうです。 モーツァルトの曲には、4000から8000ヘルツの高周波が出ていて、それが人間の副交感神経などいろんな部分に作用して、リラックス効果、免疫力を高めるのだそうです。うーむ、なるほど。そういう意味か。

私もモーツァルトを流しながらリラックスして手術に臨むことにしよう。

華さん食堂 小郡店

福岡県小郡市大板井1449-3

電話:0942-72-8110

ブログランキングの応援クリックをお願いします。 更新の励みになります! <(_ _)>
病院・診療所ランキング にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です